敏感肌でも洗顔はスキンケアの基本

敏感肌でも洗顔はスキンケアの基本

洗顔は肌の汚れを落とします。綺麗に洗った後はさっぱりして、心までリラックスしますよね。
けれど、敏感肌の人にとってはつっぱり感があったり痒みが出たり苦痛の時間になっていませんか?

 

敏感肌の人だけでなく洗顔はゴシゴシ洗ってはいけません。
ゴシゴシ洗うのは肌への負担を増やすだけです。

 

洗顔のポイントは泡立てることです。
泡の表面張力で汚れを包んで取るのでできるだけキメの細かい泡を立てるようにします。
今は泡立てネットが売っていますので上手く活用しましょう。
泡でマッサージするように洗うだけで汚れは落ちます。

 

顔をすすぐ時はお湯や冷水ではなくぬるま湯がいいです。
冷たいと感じないくらいのぬるま湯で顔を洗ってみましょう。
お湯で顔を洗った時と違うと思います。顔を拭く時もタオルで強くこすらずに、押さえるようにして水分を取ります。

 

この洗顔で使う洗顔料は石鹸のほうがおすすめです。
石鹸だと界面活性剤などが入ってなく、低刺激の成分構成のものが多いからです。
石鹸の中でも植物エキスや柑橘エキスの入っているもの、アルコールや香料、メントールなどの成分が入ったものには注意がひつようです。
肌によっては炎症を起こしたり、アレルギー反応が出たりします。

 

初めて使うものはサンプルを貰ってくるのも一つの方法ですし、肌に合わないと感じたら思い切って捨ててしまうくらいの勇気が必要になります。
毎朝・毎晩洗顔をするのですからなるべく肌への負担が少ないものを選びましょう。