化粧品はどう選ぶ

化粧品はどう選ぶ

敏感肌だからといって化粧しないわけにはいきませんよね。
けれど症状が出てしまっている時は化粧をすると、かえって老けて見えてしまったり肌に負担をかけてしまったりします。
日頃からケアして化粧も楽しめるようにいたいですよね。

 

では、どういったものを選んだら良いのでしょうか。
ここでは共通していえることを書きたいと思います。最近では敏感肌用の化粧品も出てきています。
買う前にラベルやパンフレットを見て成分のチェックをしましょう。
また、お店の人に聞くのも有効です。症状に合わせてどんなものを使うといいか教えてくれます。
お試しセットや試供品でまずは肌に合うかどうかもチェックするといいでしょう。

 

化粧品には界面活性剤やパラベン香料などの添加物がたくさん入っています。
界面活性剤は乳化状にするために用いるのですが、油を溶かすためにも使います。
詳しくは書きませんが、鉱物油というのは元をたどれば石油と同じです。
石油を溶かすために界面活性剤があり、それを長持ちさせるためにパラベンを入れ、臭さを消すために香料を入れる・・・考えるだけで肌に悪そうですよね。
今は、そういったものが入っていない化粧品も出てきていますから使ってみるのもいいでしょう。

 

また、メイク用のパフなどもこまめに洗って清潔を保つようにしたいものです。
古くなってくるとどうしても力を入れて強くこすってしまいがちです。
肌を傷つけてしまいかねないので注意しましょう。