敏感肌の保湿

敏感肌の保湿、どこに注意?

敏感肌の人にとっては保湿は是非しておきたいスキンケアの1つです。
敏感肌の人は肌が乾燥しがちですから少しでも保湿したいですよね。

 

単に保湿といっても保湿専用のクリームやジェルもありますし、化粧水に保湿成分を含んだものもあります。まずは、保湿成分の高いものを選びましょう。
敏感肌の人の角質はセラミドが不足することで角質の間に隙間ができてしまっている状態が多いです。
ですから、セラミドが配合されたものを選ぶと角質に水分を増やすことができ、保湿能力を高めることができます。
ですが、セラミドの配合量が少ないものもありますので注意しましょう。

 

では、その保湿剤をいつ使うのが有効なのでしょう。
お風呂に入ると蒸気がたくさんあり、水分が満たされますので当然肌の水分も補われます。ところが、お風呂から上がるとどんどん蒸発され放っておくと、お風呂に入る前より乾燥してしまいます。お風呂に入った後はすぐに保湿するのが理想です。

 

また、化粧水や保湿剤をつける時はコットンなど使わず手でつける方がいいです。
コットンは柔らかく感じますが、あくまでも繊維ですので、お風呂上りの柔らかくなった肌を傷つけてしまう可能性が高くなります。
せっかく保湿できても角質を傷つけてしまったのでは元も子もありません。そして、気になる個所だけでなく顔全体になじませる感じでつけていきましょう。
上手に保湿剤を使うことでセラミド不足が補われますので、結果的に敏感肌の症状を少しは軽くできるかもしれません。