敏感肌は増えてきている?

増えてきている?敏感肌

自分は敏感肌だという方はどれくらいいるでしょうか。
自分が敏感肌だと感じている人は年々増えているようです。
なぜ増えているのでしょうか。

 

現代人は気候の変動やライフスタイルの変化に伴いストレスなど肌への負担が多くなってきています。
日本気象協会によると東京の湿度は年々低下傾向にあるんだとか。
乾燥はお肌の大敵なのに湿度が低下するのでは肌も乾いてしまいますよね。
また、女性の社会進出でストレスや日々の疲れが肌への負担を大きくしています。

 

そんな理由からかお店に行ってもネットで検索しても敏感肌の人のためのスキンケア商品はたくさんの種類があります。
どれを使ったらいいかわからないくらいありますよね。
メーカーだけでなく洗顔料だけでも何種類もあったりしてどれを使ったらいいかわからなくなります。
けれど、そういった商品を使用した4割くらいの人が効果を感じていないというデータもあるとのことですから、敏感肌は個人によって様々に違い、スキンケア商品だけでなくライフスタイルの見直しなども必要になってきているということがいえそうです。

 

敏感肌は病気ではありません。
確かにアレルギーやアトピーの人は敏感肌になりがちです。
けれど、そうではない人もたくさん敏感肌で悩んでいます。
もし、敏感肌が病気ならば薬をつけるとか原因を取り除くことで治ります。
けれど、病気ではないので、自分で上手に付き合うしかありません。
肌の構造や仕組みを知り、自分の肌の状態を知る。そして、原因になっていそうなものを止めてみる。例えば、スキンケア商品を替えてみたり止めてみたりするのも一つの方法になります。生活習慣を変えたり見直すことも必要かもしれません。

 

敏感肌と上手く付き合っていければ肌の悩みも軽くなるしトラブルも少なくなりますよね。出かけるのが楽しくなったり、ストレスが少しは減るかもしれません。心地よい毎日が送れるように少しでもお手伝いできたら幸いです。