敏感肌のクレンジング

敏感肌のクレンジング、どこに注意する?

女性にとって、クレンジングは必要不可欠なアイテムの一つに挙げられそうです。
女性は化粧をしますから、クレンジングでメークオフする人が断然多いのではないでしょうか。

 

レンジングはオイル、ミルク、ジェル、クリーム、リキッドなどたくさんの種類があります。オイルタイプやジェルタイプのものは安いものも多いですが、肌への刺激が強いものが多いようです。
リキッドタイプのものは濡れた手でも使え便利ですが、肌への刺激が強めです。
ミルクタイプは洗浄力が弱めでダブル洗顔が必要なものがほとんどですが、肌には優しいといえます。
クリームタイプはマッサージにも使えるものもありますが、シワや毛穴に入ったメイクは落としにくい難点があります。

 

様々なクレンジングがありますが、共通していえることは肌への刺激が強く、肌への負担も大きいということです。
メイクを落とすために界面活性剤を使いますが、化粧品に含まれた油だけでなく肌の皮脂まで一緒に落としてしまう恐れもあります。
また、シートタイプのクレンジングは簡単なようですが、拭き取るので肌をこすってしまいます。また、メイクが残ると酸化して肌への負担を大きくしてしまいます。

 

クレンジング中には界面活性剤を使っていないもの、自然由来の界面活性剤を使用しているものもあります。そういったものを使ってみるのもいいでしょうし、クレンジングを使わなくても落とせる化粧品を選ぶという方法もあります。
いずれにしてもクレンジングは肌への負担が大きいということを覚えておいて欲しいと思います。