敏感肌のスキンケア

肌にあったスキンケアをしよう

敏感肌でもタイプは違うのに同じ敏感肌用の化粧品を使っていいのでしょうか。

 

答えはNOです。

 

敏感肌のタイプによってスキンケアや化粧品は違ってきます。
アレルゲンも人によって違いますから同じ化粧品を使った場合、人によって合う合わないが出てくるのは当然です。
また、同じ敏感肌のタイプでもシミが気になる人や乾燥するのが悩みな人など抱えている悩みも人によって違います。どんな化粧品を選びそう使うかによって同じ敏感肌の人でも症状が軽くなったりもっと酷くなったりします。
まずは自分がどんな敏感肌のタイプなのかを知りましょう。

 

敏感肌の基本のスキンケアは強くこすったりすることは厳禁です。
これは共通していえます。また、水分補給をしっかりしてあげること、その水分を逃がさないように保湿をしてあげることも共通した基本事項といえます。
けれど、化粧水で十分に水分補給をしてあげているはずなのにつっぱり感がなくならないのなら使っている化粧水が合っていないのかもしれません。

 

敏感肌の人には勇気がいることですが、化粧水を変えてみることが必要です。
それだけでなく、自分のやり方も間違っていないか見直してみる必要がありますよね。
合わない化粧品を使うことは肌にとっては大変なストレスになります。化粧品を見直すこと使い方を見直すことで肌への負担を軽くしてあげましょう。